瞑想の姿勢について

瞑想はどんな姿勢で行うの?

瞑想中は姿勢を整える事が大切です。
なぜでしょう?

感情って頭で作られていると思われていますが、実は身体も感情を作ります。
前向きになれないとき、気が付いたら背中が丸まっていませんか?姿勢を良くすることで気持ちも良くなります。

ココロとカラダは繋がっています。
滞りを感じたら、まず姿勢を正して腹式呼吸をしてみましょう。

また、姿勢を正しくすると内臓を圧迫せず、横隔膜が下がるため、楽に呼吸ができるのです。

正しい姿勢とは?

1.骨盤を立てて頭まで真っすぐに背筋を伸ばす
2.あごは軽く引いて口は軽く閉じる
3.おへその下5㎝程の所にある丹田を意識する
4.手のひらは上を向け、ももの上に軽く置く
5.椅子に座って行う時は足裏をしっかり床につける
6.目は軽く閉じる

自分にとって楽な方法を探しましょう。
楽だからといってだらりと座ったり、寝転んだりするともったいないです。
横になって行う瞑想もありますが、まずは自分にスイッチを入れるためにも床に座るか、椅子に座って行うことをおすすめします。